top of page

【終了】9月28日 心と体をゆるめる夜の表現アート(オンライン) 

更新日:2022年9月29日


2022年9月28(水)19:00~21:00

「触れる/触れられる」粘土のワーク

講師:小野京子・玉利香里

最後に粘土に触ったのはいつでしょうか?子どもの時以来という人もいるかもしれません。 握り、丸め、ちぎり、伸ばし…太古の昔から「手」を通したやりとりがそこにはありました。 粘土は大地の要素を持ち、身体感覚を刺激して、心身をリラックスさせ、感情を創造に変換してくれる素材でもあります。 今回は、意図したものを作ろうとするよりも、手が動くままに生まれるイメージや感覚を楽しんでいきます。 「手」という感覚を通して、触れる・触れられることで何が生まれるのか?ぜひ 探究してみましょう。

準備するもの

 ・画用紙  ・粘土



小野京子 プロフィール

表現アートセラピー研究所代表

日本女子大学前特任教授 NPOアートワークジャパン理事長 

ナタリー・ロジャーズに師事し、30年以上日本で表現アートセラピーを実践し広めています。臨床心理士として病院や学校、企業で臨床を行なってきました。


玉利香里 プロフィール

国際基督教大学卒 表現アートセラピー研究所講師/ ファシリテーター

宅配影絵ミュージカル劇団NIJI主宰 

学生時代より宅配ミュージカル劇団の演出・俳優として10年以上活動し、スマトラ島、福島など被災地の子どもたちに公演を届ける中、表現アートセラピーに出逢い、見せるだけではなく、自ら創造する体験の素晴らしさに魅了される。当研究所トレーニングコース卒業後、スタッフを7年以上務めている。一人ひとりが自分の真実に触れられる空間作り、繊細なリードには定評がある。



 
参加費
 4,000円

定員 
 16名

◆お申し込みは、exa@hyogen-art.com までメール、
またはお問い合わせフォームにて受け付けております。
◆お申込みは受付は前日17:00までです。
(定員に達しましたらその時点で受付終了となります)



閲覧数:183回0件のコメント

最新記事

すべて表示

「心に灯す 冬至のキャンドルナイト」 講師:小野京子・玉利香里 冬至は1年で最も昼が短く、 陰極まって陽転ずる、太陽が再生する日とも言われ、 静かに内面に意識を向けるのに適した日です。 そんな夜、それぞれの場所でキャンドルを灯し、 ゆらめく火を見ながら、生まれてくるイメージを絵や言葉で表していきます。 1年の終わりに心に浮かぶことを互いに語り、耳を傾けていきましょう。 グループの輪の中で、自分と対

こころとからだをケアして浄化し、癒し、新たな出発へ向かいましょう。 開運はからだとこころを整えることがまず必要です。そしてこころとからだが活性化して、自分が望むものをはっきりさせ、望みを叶える邪魔をしているものを手放しましょう。そして自己開花に向かいます。 ▶今回は単発参加も可能です。連続でお申し込みの方へは、今回特別に小野の個人セッション(1時間)を1回プレゼント。 ▶連続講座の方は、お休みの

bottom of page