top of page

【終了】10月23日 オンライン日曜講座

更新日:2022年11月5日

開催日:2022年10月23日(日)

午前 10:00~12:00

講義「ダンス/ムーブメント・セラピー」―身体から共感していく心理療法―

講師:廣瀬優希先生

ダンス/ムーブメント・セラピー(D/MT)とは、身体動作を治療的に用いることで心身の統合を促す心理療法です。 講義では、身体からのメッセージを動作としてだけではなく、イメージやリズム、感情の共有によるコミュニケーションのダンスとして扱うD/MTの「身体から共感していく」ことが治療的意味を持つとはどういうことなのかを中心に、D/MTの概要、どのような現場でどのように実践されているのかなども含めD/MTとは何かをご紹介したいと思います。

講師紹介

廣瀬優希

臨床心理学博士、臨床心理士、日本ダンスセラピー協会認定ダンスセラピー・リーダー

東京ダンスセラピープロジェクト所属、京都文教大学非常勤講師

保育士、介護士の経験を経て京都文教大学に社会人編入し臨床心理学を学ぶ。自身のダンス経験からD/MTに出会い、大学院時代は葛西俊治、美馬千秋に師事しD/MTを学ぶ。博士課程修了後、鍛冶美幸、宮城整に師事し、長谷川病院にてダンスセラピストの研修を受け、長谷川病院ダンスセラピストとしてセッションを担当してきた。

京都では、適応指導教室で支援員として不登校児童と関わりつつD/MTを実施している。


    休 憩

午後 14:00~16:00

表現アートセラピーのワーク「創造性とは」

講師:小野京子

ナタリー・ロジャースは、創造性はライフフォースだと言っています。 創造性は私たちの「本当の私である」ところから生まれます。 自分の命の躍動や生きる情熱である「創造性」を表現アートで表現し、それぞれの創造性を分かち合いましょう。

小野京子 プロフィール

表現アートセラピー研究所代表

日本女子大学前特任教授 NPOアートワークジャパン理事長 

ナタリー・ロジャーズに師事し、30年以上日本で表現アートセラピーを実践し広めています。臨床心理士として病院や学校、企業で臨床を行なってきました。



 
参加費
・午前のみ 3,000円
・午後のみ 3,000円
・全日     5,500円

定員 
 ・午前 なし
 ・午後 16名

◆お申し込みは、exa@hyogen-art.com までメール、
またはお問い合わせフォームにて受け付けております。
◆お申込みは受付は前日17:00までです。
(定員に達しましたらその時点で受付終了となります)


閲覧数:303回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月~ファシリテーター養成 トレーニングコース開催

表現アートセラピー研究所の2024年度のトレーニングコースは7月から始まります。 トレーニングコースは、表現アートセラピーをグループに提供するための、ファシリテーター養成プログラムです。 プログラムの充実とスタッフの福利厚生のために授業料を値上げさせて頂くことになりました(早割あり)。講師とスタッフ全員で、より充実した素晴らしいトレーニングコースにしていきます。 受講生のさらなるレベルアップのた

5月18日(土) 自分と繋がる土曜講座「パラレルワールド日記」(オンライン)

「今見えている世界は自分が創っている」とか、「世界は自分を映し出す鏡」などと表現することがありますね。もし、今目の前にある世界を自由に変えられるとしたら、どんなふうに世界を、自分を変えたいですか? パラレルワールドには、あらゆる可能性の自分がこの瞬間同時に存在しているといいます。どうせなら、パラレルワールドを好きなように創ってしまいましょう! 世界は私達の意識次第なのだから。 講師プロフィール 講

6月10日(月) 幸せをはぐくむ夜の表現アート「セルフ・コンパッション〜あるがままの自分を愛しむ〜」(オンライン)

セルフ・コンパッションとは、自分のありのままを受け止め、自身に優しく接することです。 梅雨入り前後のちょっと元気がなくなりがちなこの季節、自分自身を思いやる気持ちを探求し、日常に持ち帰れるように小さなチャームを作ります。 使ってみたい素材(粘土やビーズ、折り紙や手芸用品など、100円ショップで手に入るものやご自身が使いたいもの何でも良いです。もし素材がなくても画用紙に絵を描いたり写真など切り貼りす

Comments


bottom of page