top of page

【終了】トレーニングコース(オンライン) 

更新日:2021年9月20日

<レベルⅠ>コース2※定員に達しました


トレーニングコース・レベルⅠのオンライン開催が決定しました。

事前にZoomアプリをパソコンやタブレットにダウンロード(無料)していただく必要があります。


開催日            

コース2

 2021年5月 9日(日)

 2021年5月23日(日)

 2021年6月13日(日)

 2021年6月27日(日)

 2021年7月11日(日)

 2021年7月25日(日)


 時間 9:30~17:00  途中1時間ほどの昼休みや小休憩が入ります


コース2で行うこと ・1対1で表現アートセラピーを提供する方法を学ぶ ・パーソンセンタード表現アートセラピーの哲学と方法を学ぶ ・引き続き様々なアート表現でさらなる解放、気づきを深める ・リスニングスキルを向上させる ・表現アートセラピーのエクササイズの種類、対象別のエクササイズを学ぶ(講義)


※<参考>

 コース1で行うこと

・絵、粘土、ムーブメント、ライティングなど様々なアート表現を体験し、

 心身を解放し葛藤を解決する

・表現アートセラピーの理論や歴史(1)を学ぶ(講義) ・アート表現の適用分野とその効果を学ぶ(講義) ・日常生活にアート表現を取り入れ自己成長する方法を学ぶ

 

● オンラインのみの受講も可能ですが、コース1と2の修了証をご希望の方、次のコースに進みたい方は、リアルワーク2日間の受講が必要です。 リアルワーク予定:2021年8月28(土)・29日(日)


※ トレーニングコースは、Ⅰ~Ⅲの3つのレベルに分かれており、それぞれのレベルで修了証が発行されます。すべてのレベルを修了すると、ナタリー・ロジャーズの表現アートセラピー・トレーニングコース修了の認定書が授与されます。(その他トレーニングコースについての詳細はHP「講座のご案内」→「トレーニングコース」をご確認ください。)


その後のトレーニングコース開講予定 (オンラインとリアルの組み合わせでの開講を予定しています) <レベルⅡ> コース3 2021年9〜11月 コース4 2022年1〜3月 <レベルⅢ> コース5 2022年4〜5月 コース6 2022年7〜8月

※次のコース1は、2022年の9月から開講予定です。

 

講師:濱中寛之、小野京子


 
参加費
 オンライントレーニング
  コース1 80,000円
  コース2 80,000円 
  
 リアルワークショップ (2日間)
        30,000円
 
 定員 15名
 
◆お申し込みは、exa@hyogen-art.com までメール、
またはお問い合わせフォームにて受け付けております。
◆上記の参加費は現在のオンライン+リアルでの開講の場合の額です。本来の全日程リアルでの開催時はコース1,2は、それぞれ12万円、コース3~6は各15万円(合宿のあるコースは別に合宿費がかかります)でした。 今後またリアルでの開講日が増えた際にはそれに伴って額が変わってきますのでご了承ください。
閲覧数:346回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2024年7月~ファシリテーター養成 トレーニングコース開催

表現アートセラピー研究所の2024年度のトレーニングコースは7月から始まります。 トレーニングコースは、表現アートセラピーをグループに提供するための、ファシリテーター養成プログラムです。 プログラムの充実とスタッフの福利厚生のために授業料を値上げさせて頂くことになりました(早割あり)。講師とスタッフ全員で、より充実した素晴らしいトレーニングコースにしていきます。 受講生のさらなるレベルアップのた

5月18日(土) 自分と繋がる土曜講座「パラレルワールド日記」(オンライン)

「今見えている世界は自分が創っている」とか、「世界は自分を映し出す鏡」などと表現することがありますね。もし、今目の前にある世界を自由に変えられるとしたら、どんなふうに世界を、自分を変えたいですか? パラレルワールドには、あらゆる可能性の自分がこの瞬間同時に存在しているといいます。どうせなら、パラレルワールドを好きなように創ってしまいましょう! 世界は私達の意識次第なのだから。 講師プロフィール 講

6月10日(月) 幸せをはぐくむ夜の表現アート「セルフ・コンパッション〜あるがままの自分を愛しむ〜」(オンライン)

セルフ・コンパッションとは、自分のありのままを受け止め、自身に優しく接することです。 梅雨入り前後のちょっと元気がなくなりがちなこの季節、自分自身を思いやる気持ちを探求し、日常に持ち帰れるように小さなチャームを作ります。 使ってみたい素材(粘土やビーズ、折り紙や手芸用品など、100円ショップで手に入るものやご自身が使いたいもの何でも良いです。もし素材がなくても画用紙に絵を描いたり写真など切り貼りす

Comments


bottom of page