【終了】10月4日 オンライン特別講座

更新日:2020年10月18日

海外講師による特別講義(通訳付き)と日本スタッフによるワーク



開催日:2020年10月4日(日)

<午前|10:00~12:30> 


「個人カウンセリングの中で、どのように表現アートを用いるか」

 講師:アニン・ウティガード先生

カウンセリングの中でどのように表現アートを用いていくのか、そのタイミングやどのアート表現を用いるのかなど、実例からも話していただき、皆さんの疑問にお答えします。

アニン・ウティガード先生プロフィール

ナタリー・ロジャーズのお弟子さんです。ナタリーの表現アートセラピー研究所で長年ファシリテーターを務め、30年以上グループや個人療法で表現アートセラピーを用いています。カリフォルニア州公認のセラピスト。個人カウンセリングをサンフランシスコで長年実践しています。



<午後|14:00~16:30


 特別ワーク 「自分の中の宝物」

 講師:濱中寛之小野京子

誰の中にも宝物がたくさんあります。それぞれの個性、特質や光り輝く可能性です。普段気づいていない私たちの中に眠っている宝物を表現アートを用いて探求します。

濱中寛之先生プロフィール

カリフォルニアで表現アートセラピーを学び修士号取得後、日本で活躍している表現アートセラピスト、臨床心理士、公認心理師です。病院や学校、大学で臨床を行い、表現アートセラピー研究所でトレーニングコースの講師を務めています。東京学芸大学特命准教授。


小野京子プロフィール

表現アートセラピー研究所代表。日本女子大学特任教授。NPOアートワークジャパン理事長。ナタリー・ロジャーズに師事し、30年以上日本で表現アートセラピーを実践し広めています。臨床心理士として病院や学校、企業で臨床を行なってきました。


 
参加費
・午前のみ 8,000円
・午後のみ 3,500円
・全日    10,500円
(トレーニングコース卒業生:午前7,000円、午後2,500円、全日9,500円)

定員
・午前:30名
・午後:20名

お申し込みは、exa@hyogen-art.com までメール、
またはお問い合わせフォームにて受け付けております。


閲覧数:121回0件のコメント

最新記事

すべて表示

開催日:2021年12月19日(日) 13:00~15:30 「2022年 幸運を呼ぶワーク」 今年2021を振り返り、絵やムーブメント、ライティングを使ってこころとからだのメンテナンスを行います。2022年の自分のテーマや課題を明確にして幸運を呼び込みましょう。 表現アートセラピーのワーク 講師:小野京子(表現アートセラピー研究所代表)と研究所スタッフ 小野京子プロフィール 表現アートセラピー研

開催日:2021年11月14日(日) 午前 10:00~12:00 講義「表現アートとソーシャルチェンジ」 講師:笠井 綾 共生や平和をうむプロセスは、クリエイティブなものであり、アートがこのプロセスに貢献できます。今回、地域や文化間の葛藤における対話のワーク、こころとからだで考える歴史・平和、被爆体験継承の試み、東アジアのピースビルディング、多様性のワークなど、表現アートのプロセスを通して社会の

第1回 2021年8月7日(土)10:00~12:30 幸せを呼びこむ、からだの活性化 (ボディマップを描き、ムーブメントを行い、体をよく知り、活性化します) 第2回 2021年8月21日(土)10:00~12:30 幸せを呼びこむ、体との対話 (体への手紙を書き、からだから返事をもらいます。体へのオマージュの作品を作ります) 第3回 2021年9月11日(土)10:00~12:30 豊かさ、お金