トレーニングコース



トレーニングコースは、ナタリー・ロジャーズが設立した、表現アートセラピーの伝統あるトレーニングです。いままでは合宿中心でしたが、2015年5月から土日の週末を中心に受講できるコースになります。そしてコースはさらにパワーアップし、実践的になりました。すべてのレベル終了にかかる期間は、約1年半です。このコースの時間数は、国際表現アートセラピー学会認定の表現アートセラピスト、表現アートコンサルタント・エドュケーターの資格取得のために組み入れることが可能です。

このコースは、3つのレベルに分かれています。それぞれのレベルで修了証が発行されます。さらにすべてのレベルを修了すると、ナタリー・ロジャーズの表現アートセラピー・トレーニングコース修了の認定書も授与されます。

 

レベルⅠ】ベーシックトレーニング(個人ファシリテーション)
・コース1(6日間 土日3回) 表現アートセラピーによる自己探求
・コース2(6日間 土日3回) 表現アートを用いた個人へのアプローチ法

▶レベルⅠの目標:表現アートセラピーを深く体験し、癒しと成長を自ら
実感し、表現アートを用いて個人を支援する方法を学びます

 

【レベルⅡ】アドバンストレーニング(コミュニティ・ファシリテーション)
・コース3(7日間 土日2回、2泊3日合宿一回)
体へのアプローチを中心とした様々なエクササイズを学ぶ
・コース4(7日間 土日2回、2泊3日合宿一回)
さまざまな対象・コミュニティへのアプローチ法

▶レベルⅡの目標:表現アートセラピーとパーソンセンタード・アプロー
チの理論を学び、体へのアプローチを中心とした表現アートのエクササイ
ズからさらなる自己成長を体験し、コミュニティ(会社組織を含む)への
アプローチを学ぶ。

 

【レベルⅢ】マスタートレーニング(グループ・ファシリテーション)
・コース5(7日間〜9日間:参加人数による)
グループ・ファシリテーション実習1
・コース6(6日間〜7日間)
グループ・ファシリテーション実習2

▶レベルⅢの目標は、表現アートセラピーを使ってグループを安全に効果
的にファシリテーションできる技術を習得します。

※全課程卒業には、レベルⅢ終了までに2日間のグループダイナミクス(エンカウンターグループ)のワークショップに参加することが必須です。このワークショプは、当研究所で開催されます。

*当研究所トレーニングコースを受講後、セラピストとして本格的な活動を目指す方には、このコースを受講されるとともに、各専門機関で臨床心理学、精神医学についても学んで頂けるよう お伝えしております。臨床心理学、精神医学を学べる機関に関する情報が必要な場合はお問合せください。

参加資格は特にありませんが、現在精神科・心療内科を受診中の方はご相談ください。トレーニングにはご参加いただけない場合もあります。

<卒業後のプログラム>
ティーチャーズ・トレーニング
スキルアップおよび表現アートセラピーのトレーニングコースを教えられる人の養成コース

講師:小野京子(日本女子大学特任教授・表現アートセラピー研究所代表・神奈川大学大学院講師)
濱中寛之(立教大学学生相談室・東京学芸大学講師)他

パーソンセンタード表現アートセラピーのトレーニングコースは、ナタリー・ロジャーズ博士が1984年に設立した伝統あるコースです。アメリカでは、セイブロック大学大学院を経て、現在ソフィア大学大学院で行われています。
日本では当研究所で2003年からこのトレーニングが行われています。
このトレーニングの特色は、パーソンセンタード・アプローチ(ロジャーズ派)の風土で、安全で自由に表現アートを体験します。分析解釈のない、個人を尊重した雰囲気の中、自分自身の個性や特性を生かしたファシリテーターとなるようにサポートされます。自身の癒しと成長を体験しながら、他者にどのように効果的に表現アートを提供するかを学び、身につけます。
また今回のプログラム改変により、いろいろな対象別(高齢者、子ども、メンタルヘルス、精神科、ビジネス領域)にどのように表現アートを用いるかの知見も学べるようになりました。

 

<こんな方に最適>
• 表現アートを用いた仕事を作り出したい(教室、サロンやカフェなど)
• 自分の仕事(研修の仕事やカウンセリング、臨床)に表現アートを使いたい
• 自己成長や癒しを体験したい、生き生きと人生を生きたい
• 脳を活性化して、セレンディピティ(幸運のシンクロニシティ)やフロー体験を呼び込みたい
• 自分や他者の創造性を開発したい
• ビジネスに表現アートを生かしたい(組織開発・チームビルディングなど)
• 臨床心理士としての差別化をはかりたい
• 高齢者や子どもなどに表現アートを提供したい

 

<今までの参加者のバックグラウンド>
心理学やアートセラピーに興味がある方、音楽や美術、ダンスやドラマが好きな方、アーティスト、公務員、学校(小中高)教師、養護教員、大学教員、学生、主婦、絵画教室を主宰している方、臨床心理士やカウンセラーなど。

 

<卒業後の進路>
絵画教室や各種教室を開業、地域センターなどでクラスを提供、高齢者施設でのプログラムを提供、シャンソン歌手やクリスタルボール奏者活動を始める、専門領域(カウンセリング、保健室、学校)で表現アートを取り入れる、開業(プライベートプラクティス)されるなど、さまざまです。

 

<トレーニングの各レベルを終了すると習得できるもの>
【レベルⅠ終了】
*表現アートセラピーの癒しと心理的成長の体験
*パーソンセンタード・アプローチの体験的理解と理論の理解
*表現アートを使っての個人支援の方法の体得
*カウンセリング的な態度・傾聴等の技術習得(参加者のバックグラウンド
によりレベルの差はあり)
【レベルⅡ終了】
• 体の活性化、体と心のつながりの強化
• さまざまな表現アートセラピーのエクササイズの習得
• 異なる対象やコミュニティに向けてのアプローチ法の習得
• 自己成長と癒しの深化
• カウンセリング力・傾聴力のアップ

【レベルⅢ終了】
• 表現アートファシリテーターとして自分の個性を生かす技術
• 表現アートを用いてグループをリードする方法の習得
• グループダイナミクスの理解
• 表現アートファシリテーターとしての自信を得る
• 効果的なセッションの組み立て方の習得
• 自分をありのままに受け入れ、愛することができる
• 仲間との深い友情とサポート
• 表現アートを用いた未来のビジョン

 

 

 

 

 

2017年度開催スケジュール

レベルⅠ

コース1(受講料:12万円)
2017年 4月29・30日(土日)
5月27・28日(土日)
6月24・25日(土日)

コース2(受講料:12万円)
2017年 7月22・23日(土日)
8月26・27日(土日)合宿(通いも可)
9月16・17日(土日)
*合宿宿泊費・食費別途

 

レベルⅡ

コース3(受講料15万円)
2017年10月14・15日(土日)
11月3・4・5日(祝土日)合宿
12月2・3日(土日)

*合宿宿泊費・食費別途

コース4(受講料:15万円)
2018年1月20・21日(土日)
2月24・25日(土日)
3月23・24・25日(金土日)合宿

*合宿宿泊費・食費別途

 

レベルⅢ

コース5(受講料15万円)※宿泊費・食費別途
2018年4月21・22日(土日)
2018年5月2・3・4・5・6・日(4泊5日合宿)
(受講生人数が8名以上の場合、日程が1〜2日増える可能性あり)

コース6(受講料15万円)※宿泊費・食費別途
2018年7月以降のトレーニングコースにインターンスタッフとして参加する。

※レベルⅢ修了(トレーニングコース卒業)のためには、グループダイナミクス(エンカウンターグループ)のワークショップ参加や他の課題があり、レポート提出が必要です。

◆グループダイナミクス(エンカウンターグループ)ワークショップ

2018年3月10・11(土日) ←4/7~8より変更  受講料2万4千円

講師:小野京子、濱中寛之

時間:土 10:30〜17:30

   日 10:00〜17:00 

(合宿の開催時間は、山梨県の場合11時、長野県の場合 10時半予定)

 

2016年度開催スケジュール

レベルⅠ

コース1(受講料:12万円)
2016年 4月23・24日(土日)
5月21・22日(土日)
6月25・26日(土日)

コース2(受講料:12万円)
2016年 8月6・7日(土日)
8月27・28日(土日)合宿(通いも可)
9月17・18日(土日)
*合宿宿泊費・食費別途

レベルⅡ

コース3(受講料15万円)
2016年10月8・9・10日(土日月祝)合宿
11月5・6日(土日)
12月3・4日(土日)

*合宿宿泊費・食費別途

コース4(受講料:15万円)
2017年1月21・22日(土日)
2月18・19日(土日)
3月18・19・20日(土日月祝)合宿

*合宿宿泊費・食費別途

レベルⅢ

コース5(受講料15万円)※宿泊費・食費別途
2017年4月22・23日(土日)
2017年5月3・4・5・6・7日(4泊5日合宿)
(当初の予定5月連休プラス5月27・28日より変更しました)
(受講生人数が8名以上の場合、日程が1〜2日増える可能性あり)

コース6(受講料15万円)※宿泊費・食費別途
2017年4月以降のトレーニングコースにインターンスタッフとして参加する。

※レベルⅢ修了(トレーニングコース卒業)のためには、グループダイナミクス(エンカウンターグループ)のワークショップ参加や他の課題があり、レポート提出が必要です。

◆グループダイナミクス(エンカウンターグループ)ワークショップ

2017年4月8・9日(土日) 受講料2万4千円
(当初の予定4月15・16日より変更しました)

 

講師:小野京子、濱中寛之
卒業生のためのコース

スキルアップ・および研究所の講師候補となるためのトレーニング

◆ティーチャーズ・トレーニング
(1)スキルアップの合宿(予定未定)

(2)トレーニングのどれかのコースにスタッフとして参加

お申し込みは、研究所にメールでお知らせください。申込書を添付でお送りします。
現在精神科・心療内科受診中の方は、ご相談ください。トレーニングには参加できない場合もあります。

 

小野京子の1日ワークショップが、日本産業カウンセラー協会 東京支部(研修一部主催講座)で、年2回行われています。次回は、2017年は、1月28日(土)です。
会員以外も参加可です。詳しくは (社)日本産業カウンセラー協会 東京支部ホームページでご確認ください。http://www.counselor-tokyo.jp/ (トップページ)http://www.counselor-tokyo.jp/careerup/kensyuu_list.html (研修一部主催講座)
 研究所の講座ワークショップのお問い合わせ、申し込みは以下までお願いいたします。表現アートセラピー研究所 代表 小野 京子  Eメール exa@hyogen-art.com